モットンに布団乾燥機は使える!だけど注意点を守って使え!

モットンのマットレスについて

モットンのマットレスって、布団乾燥機を使っても大丈夫?」と思われる方は多いかと思います。

布団乾燥機を家に持っている方は、

  • 簡単に除湿可能!
  • 暖かくて冬は快適にできる!

などのメリットがあるので、モットンにも使用したくなりますよね。

その一方で、もしもモットンに布団乾燥機を使えない場合は、素材がボロボロになるなどのリスクがあります。

そこで今回は、モットンに布団乾燥機は使えるのか・使う上での注意点などをお伝えしたいと思います。

モットンは布団乾燥機の使用はできる!

結論から言うと、モットンに布団乾燥機の使用は可能です。

モットンに布団乾燥機は使えるという説明

公式サイトにも、モットンに布団乾燥機は使えると書いてあります。

実際に口コミなどを調べてみても、モットンに布団乾燥機を使っている方は多いです。

  • ダニ対策
  • カビ対策
  • 寒さ対策
  • お手入れ楽々

など、様々なメリットがあるからでしょうね!

モットンにはウレタンフォームという、そこまで熱に強くない素材が使われているということはありますが、モットンの販売会社が「布団乾燥機の使用は大丈夫」と言っているので、問題はないでしょう。

布団乾燥機が使用できるのか疑問に思ってた方は、安心するといいですよ(^^)

ちなみにモットンは以下の販売サイトで格安で購入できます。


損したくない方は確認しておくと安心です

モットンに布団乾燥機を使う上での注意点とは?

モットンに布団乾燥機を使用することはできますが、一つ注意点があります。

それは、温度を50度以上に設定しないことです。

布団乾燥機は普通に使ってしまうと、出口付近は70度などの高温になってしまう場合があります。

もしもそのようにして使ってしまうと、モットンの素材がダメになってしまいます。

ボロボロになってしまったり素材が劣化してしまったりするので、注意してください。

モットン公式サイトにも、布団乾燥機は50度以上にはするなと書いてありますからね。

寒さ対策やカビ・ダニ対策としてモットンに布団乾燥機を使おう!

モットンに布団乾燥機が使えるのは、

  • 冬は暖かいマットレスで眠りたい…
  • カビやダニ対策を簡単にしたい…
  • 腰痛持ちでモットンを持ち上げるのが辛い…
  • モットンをたてかけるスペースが家にない…

このように考える方にとっては、大きなメリットかと思います。

モットンに布団乾燥機を使用することで、面倒な陰干しなどもする必要がなくなりますからね!

ちなみにモットンは外で天日干しをすることはできないので注意してください。

関連記事:モットンの正しい使い方!

布団乾燥機以外の方法でモットンを除湿する方法!

最後に、モットンのマットレスを布団乾燥機以外の方法で除湿する方法をお伝えしたいと思います。

やはり、カビやダニ対策としてモットンを使う方は多いでしょうからね。

以下の方法でお手入れをすれば、まず間違いなくカビは生えませんし、ダニも発生しません。

定期的に陰干しをする

モットンを陰干ししている画像

モットンは1週間に一度程度、画像のように壁に立てかけて陰干しをします。

マットレスの裏に湿気がたまってしまうので、それを放出させるのです。

このようにすることで、モットンに布団乾燥機を使わなくともカビは防げます。

私は2年間モットンを使っていますが、この方法でカビが生える気配はありません(^^)

関連記事:モットンはカビやすい!?5つの対処法で安心!

除湿シートを使う



モットンのマットレスの下に除湿シートを置くことで、湿気がたまりすぎることを防ぐことができます。

布団乾燥機を使えば簡単に除湿はできますが、除湿シートを置くことでも、かなり簡単に湿気を取り除けます。

すのこベッドを使用する

モットンのマットレスの下にすのこシートを敷くことで、湿気がたまりにくくなります。

勝手にすのこの間から湿気が放出されるので、布団乾燥機を使う必要もなくなります。

すのこのベッドフレームなんかを使ってもいいでしょうね!

というわけで、

  • 部屋で陰干しをする
  • 除湿シートを使用する
  • すのこシートを使う

などの方法であれば、布団乾燥機でなくてもカビ対策ができます。

自分に合わせた使い方をしてみてくださいね!

興味のある方は以下の記事の記事もどうぞ。

悪評!?モットンの口コミはやらせで腰痛効果もない?真相を暴露!

モットンの口コミや評判は本当に良いのかが分かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました