薄いマットレスは寝心地が悪い!痛い・腰痛になってしまう3つの理由

薄いマットレスは寝心地が悪いからやめておけ?痛くて腰痛になる!?

 

薄いマットレスって寝心地は悪いの?」

 

「というか、実際に寝てみたら体が痛い…」

 

「腰痛になるって本当?」

 

あなたはこんなふうに思われて、この記事を読まれているかもしれません。

 

 

布団やベッドマットレスの厚みがそこまでないと、感覚的にも「寝心地が悪そう…」なんて思ってしまいますよね。

 

また、私のように一度薄いマットレスを使って寝たことのある人であれば、

  • 朝起きたときに体が痛い…
  • 肩凝りや腰痛がすごい…

なんて悩まされているかもしれません。

 

 

というわけで今回は、

  • マットレスが薄いと寝心地は本当に悪いのか
  • 厚みがないと腰痛になってしまう3つの理由
  • 薄いマットレスの寝心地を良くする方法

をお伝えします。

 

 

マットレスが薄いと寝心地は悪くて痛い!なんで?

 

結論から言うと、やはり薄いマットレスで寝てしまうと、寝心地は良くないですし、

 

「翌朝は体が痛い…」

 

ということに悩まされてもおかしくありません。

 

 

薄いマットレスといっても、その下にもう一枚マットレスを敷いて使っていたりすれば別です。

 

 

しかし、例えば厚み3cm〜5cmくらいしかない敷布団1枚で寝てしまうと、次の日の朝は体に痛みが走るでしょう。

 

原因は、やはり底つき感です。

 

床の硬さを感じてしまうことです。

 

 

硬いマットレスで寝た場合の負担

 

画像のように、硬いマットレスで寝てしまうと、肩や腰に負担がかかります。

 

 

そして、薄いマットレスは底つき感があり、硬い寝心地になってしまうのです。

 

だから、

 

「寝心地が良くない…」

 

「体が痛い…」

 

となってしまうのです。

 

薄いと腰痛になってしまう3つの理由とは?

 

そして、薄いマットレスで寝ていると腰痛に悩まされる可能性が高いです。

 

それは、以下の3つの理由になります。

 

  • 反発力にかけて、体圧分散が上手くできない
  • 底つき感があり、肩・腰を痛めてしまう
  • 寝返りがうちにくく、筋肉のコリがほぐれない

 

詳しく解説しましょう。

 

反発力にかけて、体圧分散が上手くできない

 

反発力があるマットレスで眠ると、画像のように理想的な寝姿勢で眠ることができます。

 

 

 

そして、上手くマットレスから体にかかる圧力も分散され、とても寝心地も良く感じます。

 

 

しかし、薄いマットレスだと、厚みがなさすぎて反発力もありません

 

結果的に体圧分散も上手くできず、理想的な寝姿勢で眠ることもできません。

 

 

その結果、肩や腰に負担がかかり、体を痛めてしまうのです。

 

底つき感があり、肩・腰を痛めてしまう

 

厚みのないマットレスで眠ると、底つき感が出てしまいます。

 

床の硬さをじかに感じてしまうため、寝心地が硬くなってしまいます。

 

 

硬いマットレスで寝た場合の負担

 

そして、画像のように硬いマットレスで寝た場合、肩や腰に負担がかかってしまうのです。

 

だからこそ、底つき感のある薄いマットレスの使用はおすすめできません。

 

寝返りがうちにくく、筋肉のコリがほぐれない

 

マットレスが薄すぎると、反発力が期待できません。

 

布団やベッドマットレスに反発力がないと、寝返りが打ちにくいといったデメリットがあります。

 

 

そして、寝返りが打ちにくいと筋肉のコリがほぐせません。

 

なぜなら、人は寝ている間に寝返りをうつことで、筋肉のコリをほぐして疲れをとっているからです。

 

 

つまり、寝返りの打ちにくい薄いマットレスで眠ってしまうと、肩凝りや腰痛のもとになってしまうのです。

 

薄いマットレスの寝心地を良くする方法

 

さて、薄いマットレスで寝てしまうと肩凝りや腰痛の原因になってしまいます。

 

 

しかし、対策方法があるので簡単に紹介しておきます。

 

タオルを使う

 

タオルを何枚かマットレスの上に敷くことで、厚みを底上げすることができます。

 

マットレスに厚みさえあれば、寝心地が痛くなることもありません。

 

そして、底つき感をなくせるので、体の痛みに悩まされなくなります。

 

 

お金のかからない簡単な対策方法としておすすめです。

 

薄いマットレスをもう一枚買う

 

エムリリーマットレス

 

 

やはり、

 

「タオルだけでは物足りない…」

 

「寝心地がそんなに変わらない…」

 

このように思われるのであれば、マットレスをもう一枚使った方がいいかと思います。

 

 

目安としては、8〜10cmの厚みになるように、マットレスをもう一枚敷くことです。

 

 

最近では、薄いタイプのマットレスであれば、ブランドの寝心地の良いマットレスが安く販売されています。

 

1枚寝具を重ねるだけで、高級ホテルで寝ているかのような寝心地にできるので、そちらを試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

ちなみに、ブランドのマットレスでリーズナブルに購入できておすすめなのは、

 

マンチェスターユナイテッドの公式寝具であるエムリリーマットレスです。

 

 

厚み5cmのトッパータイプでブランドというと10万円を超えてもおかしくないのですが、エムリリーマットレスは2万円をきります。

 

毎日心地よく眠りたい方は、エムリリーマットレスを使ってみるといいかもしれませんね。

 

一瞬で快適な寝心地が手に入りますよ(^^)

 

 

エムリリーマットレス公式サイト

 

⇒⇒エムリリーマットレスの5cmトッパーの口コミを暴露!

 

 

結論:マットレスは厚い方がいい!

 

やはり、結論としては最初から厚めのマットレスの購入をおすすめします

 

 

薄いマットレスだけでは底つき感がすごくて寝心地は痛いです。

 

 

また、二つのマットレスを重ねて使うとしても、お手入れの手間が1枚の時に比べて2倍になるので、最初からある程度厚みのあるマットレスの購入をおすすめします。

 

 

ただ、マットレスってたくさんあるので、どれを選んだらいいのか分かりませんよね(^^;)

 

当サイトでは人気マットレスランキングを作成しているので、参考にしてみるといいでしょう。

 

  • 快眠できるか
  • 肩凝りや腰痛対策になるのか
  • 疲れはとれるのか

 

など、考慮してランキングが作られていますよ!

 

人気マットレスランキングTOP3!

 

 

マットレス選び、何を選んだらいいか分からない・・・というあなたへ

・肩こりや腰痛で毎日がつらい・・・
・なかなか寝付けなくて、寝不足で困っている・・・
・しっかり熟睡できるマットレスで毎日快適に眠りたい・・・
・ふわっとした寝心地で、気持ちよく眠れるマットレスがほしい・・・
・疲れが取れて、翌朝は元気になれるようなマットレスがほしい・・・


このように悩まれている方に向けて、
以下で、ぐっすり眠れて肩こりや腰痛にも良いおすすめの快眠マットレスを紹介しています。


いろいろマットレスがありすぎて何を選んだらいいか分からない・・・という方は多いと思います。

できれば睡眠の質をもっとよりよいものにしたいですよね。


そんなあなたは以下の記事を参考にすると、腰痛の悩みとは無縁でぐっすり気持ちよく眠れるマットレスが分かりますよ


おすすめ人気マットレスランキング【2018】 腰痛とは無縁!スッキリ気持ちいい朝をむかえたいあなたへ

関連ページ

安眠マットレスおすすめランキング!硬さで選べ※ニトリはダメ!?
持ち運び可能!コンパクトなマットレスでおすすめは?ニトリはダメ!?
ベッドマットレス最強の選び方!心地良く眠るならこれ※購入前に!
アスリート愛用・御用達の人気マットレスは?快眠寝具ならこれ!
硬いマットレスは腰痛になるからおすすめしない!?柔らかくする方法は?
マットレスの収納方法!3つのコツで布団やベッドを見栄え良く!
収納しやすいマットレスおすすめ3選を紹介!ニトリの布団・ベッドはダメ?
マットレスと敷布団の違いを1分で解説!
【厳選】折りたたみマットレスのおすすめTOP3!三つ折りはこれ!
マットレスのカビ取り方法!8つのカビ予防・対策方法まとめ【保存版】
カビないマットレスのおおすめ4選!もうカビに悩みたくないならこれ!
マットレスの選び方|体型・体重別で10個紹介※後悔するな!
マットレスの処分方法8つ!料金はいくら?無料で捨てられるってマジ!?
おすすめマットレス3選|床やフローリング・畳に直置きするならこれ!
マットレスを床・フローリングに直置きするとカビる!?6つの対処法!
マットレスは畳に直置きするとカビる!?和室に布団もおすすめできない?
マットレスのクリーニング方法や料金ってどんな感じ?【3分で解説!】
マットレスの洗濯方法を3分で完全解説!【ピカピカでキレイに!】
マットレスのローテーション方法!期間は?重い場合はどうする?
ベッドマットレス・敷布団がずれる!5つのズレ防止対策方法とは?