この差って何ですか?トマト・酢の健康効果の差まとめ【6月19日火曜放送】

この差って何ですか?トマト・酢の健康効果の差まとめ【6月19日火曜放送】

 

6月19日火曜日に放送されたこの差って何ですか?のテーマは、「トマト・酢」でしたね。

 

番組では

  • プチトマトとミニトマトの違い
  • 色の違いで効果に違いがある
  • へたがしおれている方が甘い

など、いろいろな豆知識が分かりました。

 

ミニトマトとプチトマトに違いがあったなんて!と驚いた方は多いのではないでしょうか。

 

かくいう私も「まさか違いがあったなんて…」と思ってしまいました(^^;)

 

 

今回は、当サイトで番組内容をまとめてみました!

 

トマトや酢にどんな効果があるのかもまとめたので、忘れてしまった方は参考にしてみてください!

 

 

また、この差って何ですか?で紹介されていた酢ピーナツの作り方やアサリの味噌汁の作り方についてもまとめているので参考にどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

 

ミニトマトとプチトマトの差!それぞれどんな効果があるの?

 

 

結論から言うと、ミニトマトとプチトマトでそこまで差はありません。

 

小さいトマトのことをミニトマトと呼んでいましたが、プチトマトはそのミニトマトの中の一つに分類されています。

 

ただの呼ばれ方の違いとも言われていて、

  • ミニトマトは英語での呼び方
  • プチトマトはフランス語での呼び方

ともいわれています。

 

 

英語のminimumからミニがきて、フランス語のpetitからプチがきたのです。

 

つまり、差はあるようでないようなものです(^^;)

 

味に違いがあるわけでもないので、ミニトマトとプチトマトの差は「この差って何?」の番組で取り上げられるほどではなくないか?と思いましたね。

 

 

「この差って何ですか」の番組では、タキイ種苗が最初に販売したのがプチトマトであり、もう今は販売終了しているらしいです。

 

プチトマトというと、昔の人と思われてしまうかもしれないので注意しましょう。

 

 

ちなみに似ているトマトでチェリートマトというものがあります。

 

これは単純にさくらんぼに似ていたトマトをそのように呼んでいるだけです。

 

味の違いとしては、すこし甘みがあって子どもたちも食べやすいといった特徴があります。

 

 

ちなみにこの差って何?の番組でも紹介さらていましたが、トマトはへたがしおれていると甘いので、スーパーに行ったら確かめてみてください(^^)

 

 

また、以下でトマトの色の違いによる体への効果を説明したいと思います。

 

  • 黄色
  • オレンジ

の順番で、それぞれの色のトマトの違い・差をお伝えします。

 

老化防止なら赤いミニトマト!

 

赤いミニトマトは、とにかく甘みが強くて臭みがないのが特徴です。

 

リコピンという物質が含まれているため、抗酸化作用があり、体の酸化が防げます。

 

 

だから、

  • 生活習慣病の予防
  • 老化予防
  • ガン予防

などには最適なのが赤いミニトマトです。

 

赤ければ赤いトマトほど多くリコピンは含まれますから、老化防止効果を望むのであれば、できる限り赤いトマトを食べてみてくださいね!

 

ちなみに加熱してスープにした方が、トマトに含まれるリコピンが多く溶けだしてくるので、3倍近く多く摂取できると「この差ってなんですか?」では放送されていました。

 

 

スポンサーリンク

 

毛細血管強化なら黄色いミニトマト!

 

果物のように甘みがあり、赤色よりサッパリした甘さが特徴のミニトマトです。

 

 

生で食べるのに向いていて、子どもでも食べやすいのがとくちょうめす。

 

この差って何?でも紹介されていましたが、黄色のトマトは、皮膚や粘膜の保護をするβカロテンが多く含まれています。

 

毛細血管強化に有効なルチンも多く含まれていますから、その目的であれば、黄色いトマトがおすすめですね!

 

免疫力アップならオレンジのミニトマト!

 

糖度が高く、甘いのがオレンジのミニトマトです。

 

βカロテンが多く含まれているので、免疫力アップが期待できます。

 

ダイエットするならなら緑色のトマト!

 

果肉は固め・酸味が強いといった特徴があります。

 

 

しかし、青臭さはないので比較的食べやすいです。

 

トマチジンという物質が多く含まれていて、これは筋肉が増えて脂肪を減らす効果があります。

 

悪玉コレステロールの増加も防いでくれるので、痩せたい!ダイエットしたい!という方に向いています。

 

 

また、緑のトマトに含まれるクロロフィルにはデトックス効果がありますよ!

 

超高級トマトジュリエッタとは?

 

岡山にある農園で作られている、酸味が強くなく、糖度が高いトマトです。

 

後味はすっきりしていて、食べると口の中で溶けてジューシーな食感になります。

 

この差って何ですか?の番組でも紹介されていましたね。

 

1ケース24粒で2778円で販売されていて、かなり高いです(^^;)

 

 

しかし、美味しいトマトを食べてみたい!プレゼントに誰かに渡したい!と考える方は頼んでみてもいいかもしれませんね。

 

ミニトマトの正しい保存方法って何?

 

ミニトマトはそのまま冷蔵庫に入れて保管するよりも、水につけて保存した方が鮮度が保たれます。

 

タッパーに水とトマトを入れて保管することで、みずみずしいトマトをいつでも食べられるようになりますよ!

 

 

スポンサーリンク

 

お酢の差を知って健康的にすごそう!

 

この差って何ですか?で紹介された酢

 

お酢には

  • 疲労回復
  • 夏バテ予防
  • 脂肪燃焼

など、様々なメリットがあります。

 

酢ピーナツで高血圧を防ぐ!レシピは?

 

酢の中に含まれる酢酸には、

  • 血流の改善
  • 血管を広げる効果

があります。

 

だから、酢をうまく摂取することで心筋梗塞の予防にもなったりします。

 

 

酢ピーナツの作り方は以下になります。

 

ピーナツ200g
醸造酢300ml、またはリンゴ酢でもオーケー。

 

お酢なら何でもいいので、甘みがあるリンゴ酢がおすすめです。

 

タッパーに入れて半日くらいおけばできあがりです。

 

5日間くらいおいておくと食べ頃になります。

 

 

一日20粒は食べましょう。

 

ちなみにピーナツの茶色の皮はむかずに一緒に食べます。

 

 

お酢の味がどうしてもいやな場合は、この差って何ですか?でも紹介されていた通り、はちみつも入れてみましょう。

 

あさりの味噌汁に酢を入れる!レシピは?

 

お酢小さじ2杯でカルシウムが2.3倍になると言われています。

 

あさりに含まれるカルシウムが酢によって溶けるのを利用するのです。

 

 

作り方は簡単で、以下のようになります。

 

  • あさり 100g
  • 水 400g
  • お酢 大さじ一杯

 

これで8分間加熱するだけです。

 

 

そのあと味噌をとかせば出来上がりです。

 

お酢の酸っぱさはないので安心して大丈夫ですよ!

 

この差って何?6月19日火曜放送回まとめ

 

6月19日火曜日に放送された「この差って何ですか?」では、トマトとお酢がテーマでしたね。

 

それぞれ、どのような効果があるのかが詳しく知ることができたのではないでしょうか。

 

人それぞれ悩みはあるかと思いますが、自分に合ったトマト・お酢の料理を食べて、健康的にすごしてみるといいでしょう(^^)

 

この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます

 


驚愕!どんなに眠れなくてもわずか1分で眠れる方法とは!?

 

 


【衝撃】6時間以内の睡眠は徹夜するのと同じだった…!?

 

 


こたつを囲めるクッションがヤバいww【堕落する】とTwitterで話題!?

 

 


月100時間の残業で心身やられて人生を見つめなおした話

 

 


今よりも快適に眠れる!おすすめ快眠マットレス3選!

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク