ブレインスリープマットレスとプレミアムの違いってなに?

ブレインスリープマットレス

ブレインスリープマットレスには「プレミアムマットレス」というものもあり、「プレミアムと普通のブレインスリープマットレスはどう違うんだろう?」と思いますよね。

今回は、ブレインスリープマットレスとプレミアムの違いをご紹介します。

最安値ブレインスリープマットレス公式サイトはこちら

ブレインスリープマットレスとブレインスリープ・プレミアムマットレスの違い

ブレインスリープマットレスと、ブレインスリープ・プレミアムマットレスは次のような違いがあります。

ブレインスリープマットレスは、厚さ5㎝(脚の部分は9㎝)で、マットレスや床の上に置いて使うマットレス。

ブレインスリープ・プレミアムマットレスは、ブレインスリープマットレスの下に厚さ20㎝のベースマットレスがついたマットレス。

ブレインスリープマットレスの厚さは5~9㎝なのに対し、プレミアムマットレスは25~29㎝と、充分な厚みがあることがわかります。

ブレインスリープ・プレミアムマットレスの特徴

ブレインスリープ・プレミアムマットレスは、ブレインスリープマットレスの機能を最大限に引き出すために開発されました。

ブレインスリープマットレス単体でも、体圧を分散させたり血液循環を促したりなどで、睡眠の質を高められるよう設計されています。

そこへ専用のベースマットレスを重ねることで、より体を包み込む感覚を得られるのです。

秘密は、反発力が低→中→強と、異なる層を重ねてつくられていること。

とくに腰の部分は沈み込みやすいものですが、反発力が中~強で固めになっているため、体をしっかり支えてくれます。

腰が痛い人も、寝がえりしやすいでしょう。

>>プレミアムマットレスを公式サイトで詳しく見てみる

プレミアムマットレスがなければブレインスリープマットレスは使えない?

プレミアムマットレスがなくても、ブレインスリープマットレスは使えます!

公式サイトでも言っていますが、ブレインスリープマットレスは床に直置きできます。

マットレスの底面が硬めに設計されており、床や他のマットレス、ベッドなどの影響を受けないからです。

ベッドフレームがない場合でも、ブレインスリープマットレス単体で使えるということですね!

ただ、ブレインスリープマットレスを単体で使っている人たちの口コミを見ると、まれに「薄い」という声を見かけます。

薄くても気にならない人もいると思いますが、薄さが気になる人もいるでしょう。

また、厚みのあるマットレスの方が好みという人もいるはずです。

厚みのあるマットレスが好みの人にとっては、ブレインスリープマットレス単品だけだと、物足りないと感じるかもしれません。

実は、ブレインスリープマットレスは「オーバーレイ」と表記されており、基本的には何かの上に重ねて使うマットレスです。

※オーバーレイとは、「重ね合わせる」とか「覆う」という意味があります。

薄さが気になる場合は、今使用しているマットレスや敷布団の上にブレインスリープマットレスを敷くか、プレミアムマットレスの購入をおすすめします。

ブレインスリープマットレスの薄さや直置きについては、こちらの記事を参考にしてください。

【最悪⁉】ブレインスリープマットレスは薄い?厚さ5㎝の寝心地は悪いの?
ブレインスリープマットレスの厚さは、なんと5cm。 標準的なマットレスの厚さは10㎝以上のため、ブレインスリープマットレスはかなり薄いことがわかります。 薄いマットレスだと 「寝心地が悪くない?」 と心配ですよね。 ...
【注意!】ブレインスリープマットレスは直置きできる?
ブレインスリープマットレスの厚さは5cm。 マットレスのなかでは「トッパー」と呼ばれる部類の、薄いマットレスです。 「厚さ5cmだと直置きできないのでは?」 「薄いから寝心地が悪くないの?」 など、心配ですよね。 ...

ブレインスリープ・プレミアムマットレスのメリット

ブレインスリープマットレス単体と比べ、プレミアムマットレスには以下のようなメリットがあります。

・ブレインスリープマットレスの機能を高める
・マットレスに厚みが出る
・専用のベースマットレスなので、ブレインスリープマットレスがズレない

「ブレインスリープマットレスの機能を高める」「マットレスに厚みが出る」は、先ほどお伝えしたとおりです。

ブレインスリープマットレスを他の寝具に重ねて使うと、ズレる心配がありますが、プレミアムマットレスならズレる心配がありません。

なぜなら、ベースマットレスとオーバーレイ(ブレインスリープマットレス)を専用のシーツで連結させるからです。

連結作業はファスナーでぐるっと一周止めていくだけなので、とても簡単で、就寝中にズレていく心配もありません。

ブレインスリープ・プレミアムマットレスのデメリット

次に、ブレインスリープ・プレミアムマットレスのデメリットをご紹介します。

デメリットは、ずばり「高い」こと。

シングルサイズで22万円(通常価格・税込)です。

「寝具はお金をケチってはいけない」とはよく聞きますが、マットレスだけで22万円はちょっと高い…。

しかし、安く購入できる方法はあります!

ブレインスリープは度々キャンペーンを開催しているため、その時期を狙って購入するのです。

例えば、2021年12月3日現在、10%OFFになっています。

22万円の10%OFFなので、今なら2万2千円も安く購入可能です。

また、「一括で購入するのはムリ…」と言う場合、分割払いもできます。

分割手数料は無料で、上記のキャンペーン価格(19万8千円)を24回払いすれば、

月々8,250円(税込)で購入できます。

良いマットレスは、それなりに値段が張りますので、キャンペーンなどを利用して少しでも安く購入しましょう。

ブレインスリープマットレスとブレインスリープ・プレミアムマットレスの違い|まとめ

今回は、ブレインスリープマットレスと、ブレインスリープ・プレミアムマットレスの違いについてお伝えしました。

ブレインスリープマットレスは直接体を乗せる、厚さ5~9㎝のマットレス。

 

ブレインスリープ・プレミアムマットレスは、ブレインスリープマットレスの下に、20㎝の厚みのベースマットレスがセットになったもの。

 

「ブレインスリープマットレスだけで充分」

「マットレスの厚みは気にならない」

「今あるマットレスや布団の上に敷くからいい」

そんな場合はブレインスリープマットレス単体でOKです。

 

「マットレスは厚みがあるほうがいい」

「どうせなら同じメーカーで揃えたい」

「質の高い睡眠を追求している」

こういった場合は、ブレインスリープ・プレミアムマットレスを検討してみましょう。

最安値ブレインスリープマットレス公式サイトはこちら

 

 

 


 

マットレス選び、何を選んだらいいか分からない・・・というあなたへ

・肩こりや腰痛で毎日がつらい・・・
・なかなか寝付けなくて、寝不足で困っている・・・
・しっかり熟睡できるマットレスで毎日快適に眠りたい・・・
・ふわっとした寝心地で、気持ちよく眠れるマットレスがほしい・・・
・疲れが取れて、翌朝は元気になれるようなマットレスがほしい・・・

このように悩まれている方に向けて、
以下で、ぐっすり眠れて肩こりや腰痛にも良いおすすめの快眠マットレスを紹介しています。

いろいろマットレスがありすぎて何を選んだらいいか分からない・・・という方は多いと思います。

できれば睡眠の質をもっとよりよいものにしたいですよね。

そんなあなたは以下の記事を参考にすると、腰痛の悩みとは無縁でぐっすり気持ちよく眠れるマットレスが分かりますよ


おすすめ人気マットレスランキング【2021】 腰痛とは無縁!スッキリ気持ちいい朝をむかえたいあなたへ

ブレインスリープマットレス
motokisiをフォローする
人気のマットレスを徹底比較!ランキングTOP3を暴露!

コメント

タイトルとURLをコピーしました