洗える?マニフレックスは洗濯・洗うことができるの?

マニフレックスのマットレスについて

マニフレックスって洗濯できる?」

「洗えるのかな?洗えないのかな?」

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

  • マニフレックスのマットレスが汚れてしまった…
  • 子どもがおねしょしてしまった…
  • もう何年も使っているから一度洗いたい…

こんなふうに思われる方は多いかと思います。

やっぱり、マットレスは毎日使うものですから、清潔に使用していきたいですよね(^^;)

しかし、マニフレックスのマットレスや枕は水洗いすることは可能なのでしょうか。

もしも洗えないマットレスを洗ってしまえば、かなり悲惨な状況になりますからね(^^;)

素材がほつれて、切れ目が入ったり、ボロボロになったりなど…

というわけで今回は、マニフレックスのマットレスや枕が水洗い可能なのかについて調べてみました。

スポンサーリンク





【目次】

  1. マニフレックスのマットレスや枕は洗えるのか、洗えないのか
  2. 汚れてしまったら、タオルで拭こう
  3. 洗えなくても清潔な状態を保つ方法
  4. まとめ

マニフレックスのマットレスや枕は洗えるのか、洗えないのか

結論から言うと、マニフレックスのマットレスや枕は洗濯することができません

やはり、素材の問題です。

マニフレックスに使われているエリオセルという素材は、ウレタンフォームという水洗いできないタイプの素材になります。

だから、基本的に洗うことはできません。

もしもマニフレックスのマットレスを洗ってしまうと、中身の素材がボロボロになって使えなくなってしまいます。

「ダメ元で洗ってみようかな?」

なんて考えている人は絶対にやめておいた方がいいです。

本当にダメになってしまい、マニフレックスが使いものにならなくなってしまいます(^^;)

ちなみに口コミを調べたら、マニフレックスを洗っている人もいました。

ただ、やはり失敗してしまったようです(^^;)

中身の素材に亀裂が入ってしまい、明らかに損傷していました。

というわけで、汚れがついてしまったりしてもマットレスや枕の丸洗いは避けましょう。

汚れてしまったら、タオルで拭こう

マニフレックスは洗えないことが分かった!

だけど、汚れがついてしまった場合はどうすればいいの?

こんなふうに思われる方は多いのではないでしょうか。

  • マットレスにカビが生えてしまった…
  • 麦茶をこぼしてしまった…
  • コーヒーをこぼしてしまった…
  • 子どもがおねしょをしてしまった…

こんな場合は、どうしてもマットレス本体に染み込んでしまいますよね。

シーツカバーは洗えばいいですが、本体は洗えません。

というわけで、以下の2点の方法があります。

  • タオルで拭き取る
  • 専門業者のクリーニングに出す

まず、軽い汚れであれば、中性洗剤を湿らせたタオルで、マニフレックスの汚れを拭き取りましょう。

カビなども、中性洗剤やエタノールで濡らしたタオルをマットレスにポンポンとあてて、拭き取ってみましょう。

それで対処できれば問題ないです。

もしもタオルを拭くだけで汚れが取れないのであれば、専門の業者に頼んで、クリーニングに出す必要があります。

マニフレックスは洗えるマットレスではないので、あまりおすすめはできないのですが、専門業者であればどうにかしてくれるかもしれません(^^;)

ちなみに、タオルでマニフレックスを湿らせた場合、干す時は部屋の中で陰干しをしましょう。

マニフレックスの素材は日光に弱いからです。

スポンサーリンク





洗えなくても清潔な状態を保つ方法

さて、マニフレックスは洗えないので、日頃からしっかりお手入れやメンテナンスをすることが大切になってきます。

  • 汚れがつかない方法
  • カビが生えない方法
  • 清潔に使っていくための秘訣

などを以下でお伝えします。

マニフレックスを長持ちさせて、衛生的に使っていくためにもしっかり確認しておきましょう。

シーツカバーをこまめに洗う

マニフレックスに普段付けているシーツカバーはこまめに洗いましょう。

やはり、汚れなどが付着しやすいですし、寝ている間にかいてしまっている汗なども染み込んでいるはずです。

人は一晩でコップ1杯分の汗をかくと言われていますからね(^^;)

マットレス本体にも汚れが染み付いてしまう恐れもあるので、マニフレックスのシーツカバーはしっかり洗いましょう。

ちなみに、マニフレックスのマットレスに元から付いている側地のカバーも洗えます。

マットレスパッドを敷いて、本体が汚れないようにする

マニフレックス本体を傷めない方法で一番効果的なのが、画像のようにマットレスパッド(敷きパッド)を敷くことです。

シーツカバーよりも少し厚みがあるので、寝汗や汚れなどはすべてパッドが吸い込んでくれます。

だから、マニフレックスのマットレス本体を傷めることはまずないですし、洗濯する必要もなくなります。

汚れがついたりしても、パッドを洗えばいいだけですからね!

さらには寝汗もしっかり吸収してくれて、マニフレックスを清潔に使用していくことも可能です。

衛生的に使用できて、さらにマットレスの寿命ものびると考えると、マットレスパッドを敷くのは本当におすすめですよ(^^)

市販で1000~2000円で売っているので、簡単に手に入ります。

湿気はきちんと取り除く

マニフレックスに多いのが、やはり手入れ不足によるカビの問題です。

マットレス本体にたまった湿気はきちんと取り除かないと、カビが生えてしまいます。

マニフレックスは洗えないので、カビがついてしまうと大変です(^^;)

カビがあると、アレルギーやぜんそく、皮膚炎などの元になるので、かなり注意が必要です。

こんなマットレスじゃあ快眠なんてできませんからね(^^;)

新しいマットレスに変えるしかなくなってしまいます。

というわけで、週に1度はマニフレックスを壁に立てかけたりして、湿気を取り除きましょう。

布団乾燥機を使っても大丈夫です(^^)

干す時は陽の光のあたらない、陰干しを徹底しましょう。

まとめ

マニフレックスは洗濯できるマットレスではありません。

だから、日頃からしっかり手入れしていくことが大切です。

敷きパッドを使用したり、メンテナンスさえしっかりやっていれば、マニフレックスの汚れ問題は防げます。

工夫して、カビなどが生えないようにしてみてくださいね(^^)

マニフレックスの使い方・お手入れ方法と5つの注意点!

上記の記事では、マニフレックスの正しい使い方について解説しています。

  • 簡単にへたらせたくない
  • カビをはやしたくない
  • ダニに苦しめられたくない

こんな方は確認しておくと安心です。

スポンサーリンク










コメント

タイトルとURLをコピーしました