トゥルースリーパーとエアウィーヴを比較して分かった3つの真実

エアウィーヴとトゥルースリーパーマットレスを比較!

エアウィーヴトゥルースリーパーってどっちがおすすめのマットレスなんだろう」

 

比較結果を知って、購入の参考にしたい」

 

どうもよっつーです(^^)

 

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているのではないでしょうか。

 

 

エアウィーヴは浅田真央ちゃんや錦織圭選手などで知られる、かなり有名なブランドのマットレスです。

 

また、トゥルースリーパーも15年以上販売が続いているマットレスになります。

 

 

「どっちがおすすめなんだろう」と思いますよね。

 

買った後に「あっちにしておけばよかった…」なんて後悔はしたくないのではないでしょうか。

 

 

そこで今回はエアウィーヴとトゥルースリーパーを比較した結果と、そこから分かった3つの真実をお伝えしたいと思います。

 

この記事を読むことで、あなたに合うマットレスは何なのかが分かりますよ(^^)

 

 

※記事の後半部分でけっこう辛口コメントをしていますが、ご了承くださいm(_ _)m

 

 

スポンサーリンク

 

【目次】

  1. トゥルースリーパーとエアウィーヴを様々な観点から比較!
  2. 比較して分かった3つの真実

 

トゥルースリーパーとエアウィーヴを様々な観点から比較!

 

トゥルースリーパーとエアウィーヴを以下の観点から比較しました。

 

※両方とも売れ筋No.1のエアウィーヴとトゥルースリーパープレミアムを比較しています。

 

  • 種類
  • 素材
  • 厚み
  • 取り扱いサイズ
  • 水洗い可能か
  • 耐久性
  • 価格
  • 保証

 

それぞれ順番に解説していきます。

 

マットレスの種類がそもそも違う!

 

  • エアウィーヴ…高反発マットレス
  • トゥルースリーパー…低反発マットレス

 

エアウィーヴは反発力のあるマットレスですが、トゥルースリーパーは反発力のないマットレスです。

 

そもそも、両者のマットレスには寝心地に大きな違いがあるのです。

 

 

エアウィーヴはどちらかというと、「硬い」です。

 

「ふかふかのマットレス〜」というわけではありません(^^;)

 

ただ、寝返りが打ちやすかったり肩や腰に負担をかけないなどのメリットがあります。

 

だから

 

「エアウィーヴで寝たら疲れがしっかりとれている!」

 

「腰痛が改善された!」

 

なんて声が多くあります。

 

 

それに対してトゥルースリーパーは、低反発マットレスなので寝心地はとても良いです。

 

マットレスが体を包み込んでくれますからね。

 

 

ただ、画像のように体がマットレスに沈み込みすぎてしまう可能性もあります(^^;)

 

こうなると肩や腰を痛めてしまうので、正直なところあまりおすすめできません。

 

素材はどっこいどっこい

 

  • エアウィーヴ…エアファイバー(ポリエチレン樹脂)
  • トゥルースリーパー…ウレタンフォーム

 

 

エアウィーヴの素材は、画像のように釣り糸のようなポリエチレン樹脂でできています。

 

これは、かなりの硬さと反発力を持っています。

 

また、水洗いできるといったメリットもありますね。

 

 

それに対してトゥルースリーパーは、画像のような素材でできています。

 

これは、暖かくて寝心地が良い反面、水洗いができないといったデメリットもあります。

 

「水洗いできるマットレスがほしい!」と考える方はエアウィーヴがいいでしょう。

 

トゥルースリーパーは厚みが心配

 

  • エアウィーヴ…6cm
  • トゥルースリーパー…5cm

 

エアウィーヴもトゥルースリーパーも、「今ある布団やマットレスの上に敷いて使う」ことを前提に作られています。

 

 

画像のような感じですね。

 

だからこそ、厚みが薄いんですね(^^;)

 

 

エアウィーヴは6cmあるのでまだ大丈夫ですが、トゥルースリーパーの5cmというのは心配です。

 

なぜなら、下に敷くマットレスの硬さによって寝心地が変わってくるからです。

 

例えば下に敷いたマットレスがへたっていたりすれば、その影響を受けてしまいます。

 

寝姿勢も悪くなり、結果的に肩こりや腰痛になるので、厚みの薄いマットレスはあまりオススメできません。

 

 

どちらかというと、それ一枚で使えるマットレスの方がおすすめで、厚みも8〜10cmはほしいですね。

 

取り扱いサイズについて

 

【エアウィーヴ】

  • シングルサイズ
  • セミダブルサイズ
  • ダブルサイズ

 

【トゥルースリーパー】

  • シングルサイズ
  • セミダブルサイズ
  • ダブルサイズ
  • クイーンサイズ

 

トゥルースリーパーはクイーンサイズの取り扱いがありますね。

 

 

しかし、エアウィーヴにはありません。

 

なので、クイーンサイズがほしいのであればトゥルースリーパーがいいでしょう。

 

 

ちなみに、キングサイズはエアウィーヴもトゥルースリーパーも取り扱っていません。

 

ただ、シングルサイズを2つくっつければキングサイズになるので、あまり心配はいらないかと思います。

 

エアウィーヴは水洗い可能!

 

 エアウィーヴは洗える

 

エアウィーヴの素材は水洗いすることが可能です。

 

 

お子さんがいる方は、おねしょなどが気になるかと思います。

 

そんな時に洗えるマットレスは心強いですよね。

 

女性の生理の場合でも、汚れても平気です。

 

 

ただ、トゥルースリーパーは水洗いできないので、シーツカバーや敷きパッドなどで対応しなければなりません。

 

エアウィーヴもトゥルースリーパーも耐久性は低い?

 

  • エアウィーヴ…保証3年
  • トゥルースリーパー…保証1年

 

このように見ると、どちらも保証期間が短いので耐久性が低いように感じます。

 

 

特にトゥルースリーパーはマットレスに厚みがないので、すぐにへたってしまってもおかしくはありません。

 

 

また、エアウィーヴは高反発マットレスなので簡単にはへたらないと思いますが、口コミなんかを見ると「すぐにへたってしまった…」なんてのもあります。

 

というわけで、エアウィーヴとトゥルースリーパーも長くマットレスを使っていくのにはあまり向いてないと言えそうです(^^;)

 

価格はトゥルースリーパーが安い

 

  • エアウィーヴ…64800円
  • トゥルースリーパー…24624円

 

 

※シングルサイズの価格で比較しています。

 

値段を見てみると、圧倒的にトゥルースリーパーの方が安いですね。

 

保証期間が1年しかないので、耐久性に少し不安が残りはします。

 

 

しかし、安さ重視であればやはりトゥルースリーパーがおすすめと言えそうです。

 

 

比較結果まとめ

 

エアウィーヴがおすすめな人とトゥルースリーパーがおすすめな人についてまとめました。

 

【トゥルースリーパーがおすすめな人】

  • 低反発マットレスがほしい
  • 寝心地の良いマットレスで眠りたい
  • 耐久性は気にしない
  • 安い方が良い

 

 

【エアウィーヴがおすすめな人】

  • 高反発マットレスがほしい
  • 肩こりや腰痛対策として使いたい
  • 水洗いできるマットレスがいい
  • 耐久性のある方がいい
  • 値段は高いが、ブランド性を重視する

 

自分に合ったマットレスを選んでみてくださいね(^^)

 

 

エアウィーヴを最安値で購入する

 

トゥルースリーパーを最安値で購入する

 

 

 

ちなみに、個人的には今回取り上げたトゥルースリーパーやエアウィーヴよりもコスパの良いマットレスがあるので、そこまでおすすめしていません。

 

  • 快眠できるか
  • 疲れはしっかりとれるか
  • 朝の目覚めは良いのか
  • 肩こりや腰痛対策になるのか
  • コストパフォーマンスが高いか

などを考慮して、マットレスのランキングを作りました。

 

もっと費用を抑えたうえで、良いマットレスを購入できますよ!

 

安眠マットレスおすすめランキング!硬さで選べ※ニトリはダメ!?

 

 

スポンサーリンク

 

比較して分かった3つの真実

 

エアウィーヴとトゥルースリーパーを比較して分かった3つの真実をお伝えします。

 

ここからは、かなり辛口に両者のマットレスを評価していきます。

 

「本気で自分に合うマットレスを見つけたい」と考える方だけお読みください。

 

エアウィーヴの方がおすすめである

 

ぶっちゃけ、低反発マットレスのデメリットと高反発マットレスのメリットを比較すると、圧倒的にエアウィーヴの方がおすすめです。

 

「何で?」と思いますよね。

 

先ほども簡単に言いましたが、低反発マットレスだと肩や腰に負担をかけてしまう可能性があるのです。

 

柔らかいマットレスで寝た場合

 

低反発マットレスだと体がマットレスに沈み込んでしまい、寝返りも打ちにくくなります。

 

寝返りが打ちにくいと、血流やリンパ液の流れが悪くなりますし、筋肉のこりもほぐせません。

 

結果的に

 

「なんか寝たのに全然疲れがとれない…」

 

「体に謎の痛みがある…」

 

「肩こりや腰痛がすごい…」

 

なんてなってしまいます。

 

 

このように考えると、寝返りがうちやすくてマットレスに体が沈み込まない高反発マットレスの方がおすすめと言えるのです。

 

実際に、

 

「エアウィーヴで寝てから肩こりが治った!」

 

「腰の痛みが緩和された!」

 

なんて声が多いですからね。

 

ただ、エアウィーヴはへたりやすい

 

「トゥルースリーパーよりもエアウィーヴの方がいいのか!」なんて思われた方は多いと思いますが、エアウィーヴも「へたりやすい…」といった口コミが多いです。

 

実際にTwitterで検索してみると、以下のようなつぶやきがでてきます。

 

エアウィーヴは寿命短い

 

エアウィーヴはすぐへたるというツイート

 

エアウィーヴは耐久性が低いというつぶやき

 

 

Twitterの口コミを見ても、「エアウィーヴはおすすめ!」と声に出しては言えません(^^;)

 

他のマットレスの方がいい

 

結果的に、エアウィーヴでもなくトゥルースリーパーでもなく、別の高反発マットレスを使うことをおすすめします

 

低反発マットレスであるトゥルースリーパーはおすすめしませんし、寿命の短いエアウィーヴもおすすめできません(^^;)

 

「新しいマットレスを買ってみたら、すぐにへたってしまった・・

 

「寝つきが悪くなった…」

 

「なんだかぐっすり眠れない…」

 

「肩こりや腰痛が悪化した…」

 

「どれだけ寝ても疲れが取れない…」

 

なんてなってほしくはないですからね。

 

 

しかし、「じゃあどのマットレスを買えばいいのかな」なんて思ってしまいますよね。

 

高反発マットレスならこれ!

 

それならば、元中日ドラゴンズの山本昌さんが愛用しているモットンというマットレスをおすすめします。

 

自宅にあるモットン

 

私も現在はモットンを使用しているのですが、これに変えてから体の調子がとてもいいです。

 

 

朝起きた時はしっかり疲れがとれていますし、毎日ぐっすり眠ることができています。

 

 

特に良かった点は、悩んでいた腰痛が軽減されたことですね。

 

前までは

 

「夜中に腰の痛みで目を覚ましてしまう…」

 

「朝、腰の痛みでなかなか起き上がれない…」

 

なんてなっていました(^^;)

 

 

しかしモットンに変えてからは、夜中に目を覚ますなんてことはありませんし、朝も体の痛みなんかはありません。

 

洗面台で前傾姿勢になっても、腰に痛みを感じることがなくなりました(^^)

 

 

正直、腰痛にはかなり悩まされてたので助かってます

 

腰痛の時は毎日がストレスでしたからね(^^;)

 

 

 

価格もエアウィーヴよりかはリーズナブルなので、手が届きやすいです。

 

90日間の全額返金保証付きのキャンペーンもあるので、興味のある方は見てみるといいでしょう。

 

モットン公式サイトを確認する

 

すでにキャンペーンが終わってしまっていたらごめんなさい(^^;)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

マットレス選び、何を選んだらいいか分からない・・・というあなたへ

・肩こりや腰痛で毎日がつらい・・・
・なかなか寝付けなくて、寝不足で困っている・・・
・しっかり熟睡できるマットレスで毎日快適に眠りたい・・・
・ふわっとした寝心地で、気持ちよく眠れるマットレスがほしい・・・
・疲れが取れて、翌朝は元気になれるようなマットレスがほしい・・・


このように悩まれている方に向けて、
以下で、ぐっすり眠れて肩こりや腰痛にも良いおすすめの快眠マットレスを紹介しています。


いろいろマットレスがありすぎて何を選んだらいいか分からない・・・という方は多いと思います。

できれば睡眠の質をもっとよりよいものにしたいですよね。


そんなあなたは以下の記事を参考にすると、腰痛の悩みとは無縁でぐっすり気持ちよく眠れるマットレスが分かりますよ


おすすめ人気マットレスランキング【2019】 腰痛とは無縁!スッキリ気持ちいい朝をむかえたいあなたへ