ブレインスリープマットレスは寒い⁉寒さ対策で快適に使おう

ブレインスリープマットレス

ブレインスリープマットレスは体の深部体温を下げることにより、深い睡眠を促すマットレスです。

この特徴から

「冬は寒いのでは⁉」

と思ってしまいますよね。

今回は、ブレインスリープマットレスは冬場に寒いのか、どんな寒さ対策をしたらよいかをお伝えします。

寒い冬でも快適に眠れるように、ぜひ参考にしてみてください。

最安値ブレインスリープマットレス公式サイトはこちら

ブレインスリープマットレスは寒い?寒いと感じる原因は

実際、ブレインスリープマットレスを使用している人のなかで「寒い」と感じる人はいるのでしょうか。

口コミを探してみたところ、以下のものが見つかりました。

冬でも暖かいとは言えなくとも肌寒いと感じたことはないです。

(ブレインスリープにシーツ オーガニックスリープを使用した人の口コミ)

冬用のボア生地のシーツもつくってほしいです

(シーツ オーガニックスリープの口コミより)

直接的に「ブレインスリープマットレスは寒い」という口コミはなかったですが、人によっては寒さを感じる可能性がありそうです。

ブレインスリープマットレスは寒さを感じる原因は、次の2点が考えられます。

  • 素材による抜群の通気性
  • 薄いマットレス・オーバーレイをフローリングに直置きしている

素材による抜群の通気性

ブレインスリープマットレスの素材はグリーンファイバーといって、春雨が絡まったような形状になっています。

とても通気性がよく、ブレインスリープマットレスがぐっすり眠れる秘訣です。

しかし、その抜群の通気性が、冬に寒さを感じる原因になってしまいます。

ブレインスリープマットレスをフローリングに直置きしている

冬のフローリングは、素足で歩くととても冷たいですよね。

そのフローリングにブレインスリープマットレスを直置きすると、先ほどお伝えした通気性の良さが相まって、寒さを感じやすくなります。

普通の敷布団でも、フローリングに直置きすれば、フローリングの冷気が伝わって寒さを感じやすいので、通気性のよいブレインスリープマットレスの場合はなおさらです。

どんなに掛け布団を重ねても、フローリングからの冷気が伝わり続ければ、「寒くて眠れない」ということもあるでしょう。

ブレインスリープマットレスは寒い!と感じるときの対策方法

ブレインスリープマットレスを冬でも快適に使うには、次のような寒さ対策があります。

  • コルクマットを敷く
  • アルミシートを敷く
  • ブレインスリープ マットレス シーツ オーガニックスリープ for winterを使う

コルクマットを敷く

フローリングなどにマットレスを直置きして寒さを感じる場合、コルクマットを敷いた上にマットレスを置いてみましょう。

コルクマットには断熱性と保温性があるため、床からの冷気をシャットアウトし、布団の暖かさを逃がしにくくしてくれます。

アルミ断熱シートを敷く

アルミ断熱シートも、直置きで寒さを感じる場合の対策方法になります。

アルミは「熱反射」といって熱を外に逃がさない働きがあるため、布団の暖かさが床に吸収されません。

アルミシートの片面に発砲ポリエチレンがついている、厚手のアルミ断熱シートなら、床からの冷気を防ぐこともできます。

ブレインスリープ マットレス シーツ オーガニックスリープ for winterを使う

ブレインスリープマットレスに、「 for winter」という冬用シーツを使う方法もあります。

こちらは、床に直置きしている場合でも、手持ちの寝具の上で使用している場合でも使える方法です。

 for winterは、通年販売しているシーツと違い、微起毛加工になっています。

また、シーツの糸は東洋紡のホットナチュレネオ®を使用しているため、寝ている間にかく汗を吸収して発熱し、快適に眠ることができます。

 for winterは数量限定のため、気になる人はお早めに。

>>あたたかいシーツfor winterを公式サイトで見てみる

寒い時期のブレインスリープマットレスのお手入れ方法

ブレインスリープマットレスを長く使うために、朝起きたらマットレスを乾燥させましょう。

とくに、寒い時期に直置き使用すると、マットレス内に湿気や結露が発生しやすくなります。

乾燥の方法は、床から起こして壁などに立てかけておくだけでOKです。

できれば、扇風機やサーキュレーターなどで風を送って、早く湿気や結露を逃がしましょう。

マットレスを床にずっと置きっぱなしにしておくと、カビや雑菌が繁殖する原因となるので、必ず動かし、マットレスと床を乾燥させてください。

ブレインスリープマットレスは寒い⁉寒さ対策で快適に使おう|まとめ

ブレインスリープマットレスは、通気性が抜群のため、冬は寒さを感じやすいデメリットがあります。

とくに、フローリングなどの床に直置きしている場合は、寒さで寝つきが悪くなることも考えられるでしょう。

しかし、断熱シートを敷くことや、冬用のあたたかいシーツを使用することで、冬でも快適に眠ることができます。

季節に応じた対策をしながら、一年中質の高い睡眠が取れるようにしていきましょう。

最安値ブレインスリープマットレス公式サイトはこちら

 

 


 

マットレス選び、何を選んだらいいか分からない・・・というあなたへ

・肩こりや腰痛で毎日がつらい・・・
・なかなか寝付けなくて、寝不足で困っている・・・
・しっかり熟睡できるマットレスで毎日快適に眠りたい・・・
・ふわっとした寝心地で、気持ちよく眠れるマットレスがほしい・・・
・疲れが取れて、翌朝は元気になれるようなマットレスがほしい・・・

このように悩まれている方に向けて、
以下で、ぐっすり眠れて肩こりや腰痛にも良いおすすめの快眠マットレスを紹介しています。

いろいろマットレスがありすぎて何を選んだらいいか分からない・・・という方は多いと思います。

できれば睡眠の質をもっとよりよいものにしたいですよね。

そんなあなたは以下の記事を参考にすると、腰痛の悩みとは無縁でぐっすり気持ちよく眠れるマットレスが分かりますよ


おすすめ人気マットレスランキング【2022】 腰痛とは無縁!スッキリ気持ちいい朝をむかえたいあなたへ

ブレインスリープマットレス
motokisiをフォローする
人気のマットレスを徹底比較!ランキングTOP3を暴露!

コメント

タイトルとURLをコピーしました